離婚調停.com -流れ・費用・慰謝料・養育費など-

△ トップページへ戻る

離婚調停に関する情報をご紹介

離婚調停の費用

裁判所で調停というと、なんとなく高くつきそうに思えるかもしれませんが、実は離婚調停の費用はそんなにかかりません。 まず裁判所に支払う収入印紙代1200円、調停の期日を連絡してもらうための切手代800円程度(裁判所によります)、 夫婦の戸籍謄本450円で、3000円程度で済みます。なぜなら、調停委員の費用については支払わなくてよいからです。

裁判所に支払うものは3000円程度なのですが、もしも調停にあたって法的な意見を仰ぎたいというのであれば、 弁護士に相談することがあるかもしれません。その場合には相談料がかかります。 相談はどの弁護士でも30分5000円ですので、大体1万程度を考えておけばよいでしょう。 もしも、離婚訴訟を委任した場合の費用については、着手金で20万円から50万円くらい、慰謝料等の請求をする場合は 20万円から45万円くらい加算されます。さらに、合意できた場合は着手金と同額以内の報酬金も必要です。 これらは相場で、弁護士報酬は弁護士によって違いますので、依頼する時に確認しておきましょう。 しかし、調停は当事者間での話し合いの場ですので、代理として弁護士に調停の話し合いをお願いすることはできませんし、 調停自体の手続きはそんなに難しいものでもありませんので、必ずしも弁護士に相談したり依頼する必要はありません。

裁判所で調停をするというのは、そうそうあることでもありませんし、法的な知識もないままに話し合いをする のに不安があるのならば、調停の前に相談をしてある程度自分の考えをまとめておくと、安心して調停にいどめますね。 しかし、弁護士に相談する費用がない場合、市町村や企業、店舗のサービスなどで無料法律相談もしています。 たいてい時間や人数制限がありますが、これらを利用してもよいですね。





▲このページの上部へ